残 糸で 織った布


b0141446_16253889.jpg


b0141446_1728281.jpg






機織りの際、残ったあまり糸を再び集めて
布地に織りなおしたものです。

残糸(ざんし)織りも、裂き織のように
限りある素材を大事にする心から生まれます。

手にしたのは、絹の残糸織りの布

艶やかな色と

繊細な色幅のバランスが 

何とも言えず、、、素敵です。


木綿のものは、これまた希少で
最後は雑巾にしてしまう為に、形を留めておけないそう。

反対に、絹のものは簞笥などに仕舞われていたため、
残っている事が多いのだとか、、、今では、どちらも希少だと思います。


秋冬のイメージに

そっと 色を添えてくれるよう。


こういった古布も、
使い方次第で身近なものに感じてもらえたら、、と 思っています。

巻き物の定番に、ぜひ。




size  29 ×114センチ   / ¥2,000



b0141446_16272990.jpg







[PR]
by hakutou_2 | 2011-10-13 16:27 | 商品のこと | Comments(0)
<< 和 紙 深まる秋 >>


暮らしに寄り添う 生活雑貨、衣 服、年代問わず集めた古道具、古布など扱っています。      542-0062 大阪市中央区上本町西1-3-18 open 12: 00 - 18:00 close 火曜日+臨時休業  06-7504-8487 / hakutou@leto.eonet.ne.jp  
by hakutou_2