ちくちくの会

ワークショップのお知らせ

「 ちくちくの会  - 木綿の角袋 - 」


角袋(つのぶくろ)とは、反幅の布をバイアスに縫い上げた袋。
バイアスにする事で布の強度が増し、穀物や荷物を入れる袋として古くから使われていた袋の姿です。

今回は、縞や格子の木綿布を使い
裁縫箱が入る小さめの角袋を仕上げていただこうと思います。
サイズ 16 × 30センチ

袋には、刺子や継ぎ当てなどを自由に。
自分だけの角袋を作ってみてくださいね。

以前の茶小屋李舟さんで
やらせていただいたワークショップの様子は、こちら → 「 角袋 24 」 
よかったらご覧下さい。



日時  9月27日(日) 定員に達しました / 10月3日(土)  13時 〜 16時 ごろ 

費用  3,000円 (材料費、お茶とお菓子付)  

季節のお茶と、お菓子   門田 麻里さん 


会場  白灯の一室  大阪市中央区上本町西一丁目3-18

定員 8名さま



ご予約は、メール、お電話、店頭にて受付致します。
☎  06-7504-8487 / hakutou@leto.eonet.ne.jp



b0141446_17323193.jpg







[PR]
by hakutou_2 | 2015-10-01 12:42 | ワークショップ | Comments(0)
<< 10月のレッスン ピンタックワンピース >>


暮らしに寄り添う 生活雑貨、衣 服、年代問わず集めた古道具、古布など扱っています。      542-0062 大阪市中央区上本町西1-3-18 open 12: 00 - 18:00 close 火曜日+臨時休業  06-7504-8487 / hakutou@leto.eonet.ne.jp  
by hakutou_2