あした
b0141446_03250209.jpg


日が変わって、
本日より「あらたまの年」展

今年最後に、楽しい室礼ができました。

様子は始まってからのお楽しみですが、、


ちゅうらさんには
室礼の書、
小さくて愛らしい石印や陶印。

「どこでも床の間」なる、気軽に飾れる書を。
(これは是非見ていただきたいです)


写真は、はじめて我が家にお迎えした
ちゅうらさんの作品

『 旦 (あした)』

「 元旦の旦は あしたとよむ
日が雲を破る 形だそう
ふふふ まるで目玉おやじ
目玉が ワタシを見ている
あしたがワタシを待っている、アシタ、明日と、、 」

これは、ちゅうらさんの言葉です。
ふと眺めては、ふふふ と、元気をいただく。

あしたは、私にとって希望なのです。

今回のために
また新しい旦(目玉おやじ)も、書いてくださった


そして

もうひとつの目玉 、、

「 あらたまの袋 」

リノチノ巾着
+
白灯セレクトの茶器
+
お茶と御菓子


リノチノさんの布仕事は、使って眺めて、いつも気持ちが良いなと思います。
そこには、
清々しさが宿っているかのよう、、

仕覆に仕立てたアンティークリネン、更紗とは また違った趣があって
ここには茶器が二客 そっと収まります。

紐をきゅっと縛って、普通の巾着として使っていただいてもいいですし
春は茶器を入れて、野点なんかも素敵ですね。
想像が膨らみます。。

そして
お茶は、京都・伏見の椿堂茶舗さんにお願い致しました。

お願いを聞いていただけるなんて夢のようです。
年末年始、家族やお友達、大切な人と、ほっと過ごす時間
傍に 美味しいお茶があれば、しあわせです。
こんな豪華なセットもご用意いたしました。

初日は
藤村ちゅうらさん、リノチノさんも在廊してくださいます。

楽しみにお越しください。






b0141446_04333832.jpg


[PR]
by hakutou_2 | 2017-12-17 00:24 | 日々のこと | Comments(0)
<< 12月 篆刻教室のこと >>


暮らしに寄り添う 生活雑貨、衣 服、年代問わず集めた古道具、古布など扱っています。      542-0062 大阪市中央区上本町西1-3-18 open 12: 00 - 18:00 close 火曜日+臨時休業  06-7504-8487 / hakutou@leto.eonet.ne.jp  
by hakutou_2